テレスマ

「あのモザイク誰?」「今のシーンどういう意味?」テレビを見ながら感じた疑問、感動を共有できる!芸能ニュース、芸能人のつぶやきをまとめて見れる!

やれたかも委員会 第5話【佐藤二朗×白石麻衣×山田孝之★ドラマイズム】[解][字]

5/30 1:28~1:58 [TBS(Ch.6)]
コメント受付終了
『やれたかも委員会』
「あのとき、こうしていれば…もしかしたら、もしかしたかも!?」 誰もが一度は経験しているであろう、「やれた」「やれなかった」に繋がる、一瞬の、そして紙一重の決断。 「やれた」から心に残るとは限らない。「やれなかった」からこそ消えない想いがある。 青春の甘い想い出と、ひと言では括れない人生のあらゆる可能性、岐路を鋭くも優しく検証する。 それが「やれたかも委員会」である! 高級品を身につけ毎夜美女に囲まれるIT企業役員・澤部わたる(杉野遥亮)は「やれたかも委員会」からの招待状メールに表情を変える。委員会メンバー(佐藤二朗、白石麻衣、山田孝之)に対面した澤部は、今では女性に不自由しない立場でありながら、なぜ、あのときの自分は…と過去の「やれてない」痛恨の想い出を語り始める。冴えない中学時代を経て、見事に高校デビューを果たした澤部は、中学時代の友人に誘われてWデートへ。 そこで出会った女子高生・マチルダこと町田伸子(山本舞香)は、いわゆるギャル。ある夜、電話で「彼氏にフラれた」と打ち明けられ、すすり泣くマチルダに、思わず「好きです…」と告白する澤部。「…私も」と言われ人生最大に浮かれる彼に、マチルダの家で二人きりという千載一遇の「やれたかも」なチャンスが訪れる。あの時「やれた」のか「やれたとは言えない」のか。委員会メンバーの鋭い分析が澤部の人生そのものに踏み込む。 【やれたかも委員会】 ◆主催者 孤星塾塾長 能島譲…佐藤二朗 ◆委員 ワールドホリデー協会理事 月綾子…白石麻衣(乃木坂46) ◆委員 ミュージシャン オアシス…山田孝之 ◆秘書 椎名…立野沙紀 【#05後日編】 ●“さわべー"こと 澤部わたる…杉野遥亮 ●“マチルダ"こと 町田伸子…山本舞香 【原作】 吉田貴司『やれたかも委員会』(cakes・双葉社) 【脚本】 山崎淳也・橋口俊貴・山口雅俊 【演出】 山口雅俊 ◇番組HP https://www.mbs.jp/yaretakamo/   【ツイッター】 https://twitter.com/yaretakamo_tv @yaretakamo_tv #やれたかも #佐藤二朗 #白石麻衣 #山田孝之 【インスタグラム】 https://www.instagram.com/yaretakamo_tv/ 番組の内容と放送時間は変更になる場合があります。

出演者

佐藤二朗 白石麻衣 乃木坂46 山田孝之 杉野遥亮 山本舞香 山口雅俊

コメント一覧

申し訳ございません。表示できるコメントはありません。

関連ブログ

ロード中

アクセスランキング

最近検索された芸能人

アンテナ