テレスマ

「あのモザイク誰?」「今のシーンどういう意味?」テレビを見ながら感じた疑問、感動を共有できる!芸能ニュース、芸能人のつぶやきをまとめて見れる!

現在放送中

NHK NHKEテレ 日テレ テレビ朝日 TBS テレビ東京 フジテレビ TOKYO MX1 放送大学

02:05~02:35

MXショッピング
0コメント
コメントする

土曜ワイド・山村美紗サスペンス赤い霊柩車31 追憶の彼岸花[再][字][多]

5/19 13:30~15:25 [フジテレビ(Ch.8)]
コメント受付終了
『山村美紗サスペンス 赤い霊柩車31 追憶の彼岸花』
石原明子(片平なぎさ)は東京から京都にやってきている黒沢春彦(神田正輝)と冬の京都郊外を歩いていた。とある道端でイーゼルに向かい熱心にスケッチをする少女、岡田鈴子(菊池和澄)を見かける。寒空の下、ひとりぼっちの少女が描いているのは、そこにはない自転車と真っ赤な彼岸花。明子と春彦は気になりながらも、その場を後にする。後日、京都で働く女性経営者の特集の雑誌取材を受ける明子。 石原葬儀社のメンバー、秋山隆男(大村崑)や内田良恵(山村紅葉)のちゃちゃが入りながらも取材は終わり、雑誌の編集者・堀口政夫(遠山俊也)が明子に見せたのは画家・本庄沙希(国生さゆり)が手がけた装丁画。独特な色合いの花の絵に明子は引き込まれていた。明子の家に帰った2人はテレビから流れるニュースに気を留める。2カ月前に起こった借金苦の母親が無理心中を試みるも母親は死にきれず、逃亡したという事件。 次女のみが遺体で見つかった、という。テレビに映っていたのは被害者の遺留品である自転車が見つかったという場所。その場所は、明子達が見かけた少女がスケッチをしていた場所だった。さらに被害者には小学生の姉がいて、事件が起こったのはちょうど彼岸花が咲いていた頃だという。明子はその少女が気になって・・・。 片平なぎさ  神田正輝  大村崑  山村紅葉  若林豪  ・  国生さゆり  井上和香  西尾まり  ほか 【原作】 山村美紗「哲学の小径の少女」より  【脚本】 高橋麻紀  【監督】 樹下直美  【企画協力】 野木小四郎(大映テレビ)  【編成企画】 太田大  【プロデューサー】 八木亜未(大映テレビ)  【制作】 フジテレビ  大映テレビ

出演者

片平なぎさ 神田正輝 大村崑 山村紅葉 若林豪 国生さゆり 井上和香 西尾まり 山村美紗 高橋麻紀 樹下直美

コメント一覧

申し訳ございません。表示できるコメントはありません。

関連ブログ

ロード中

アクセスランキング

最近検索された芸能人

アンテナ